空気の乾燥時期の肌対策

先ずはお肌の乾燥肌の対策について記載します。

乾燥肌とは、お肌の水分・皮脂が不足し、潤いが無くなり、カサカサになることで、更に進むとシミやソバカス、シワへと発展します。

このようにお肌が乾燥するのは、次の4つが原因であると考えられます。

◆間違ったスキンケア
…こする・叩くケア
…熱いお湯での洗顔

◆生活習慣・食生活の乱れ
…過度なストレス、睡眠不足、ビタミン不足

…季節による乾燥、室内の冷暖房、紫外線

◆加齢
…20歳以降の皮脂・水分の減少

また夏の紫外線によるダメージの影響も気になり、これから寒い冬の季節には空気の乾燥と気温の低下も悪影響を与えます。

特に注目したいのが、生活習慣の影響です。

睡眠不足や栄養バランスの乱れは、肌の新陳代謝であるターンオーバーがスムーズに機能しない原因になります。

肌のターンオーバーは睡眠中に分泌される成長ホルモンによって活性化し、そのため、睡眠が足りないと成長ホルモンが十分に分泌されず、ターンオーバーのサイクルが乱れる可能性があるのです。

表皮が新しく生まれ変わるサイクルのことを「新陳代謝=ターンオーバー」といいます。正常であれば約28日の周期で起こりますが、加齢とともにこのサイクルは遅くなるといわれています。

また、このようなホルモンがバランスよく分泌されたり、肌が正常に生まれ変わるには、代謝に関わるビタミンやミネラル、タンパク質が十分摂取できていることも重要です。

 

乾燥肌には保湿対策が重要なことはわかっていますので、毎日保湿を頑張っています。

特に保湿効果が高いと言われるセラミドやヒアルロン酸を配合された化粧品を使っています。

でも、効果がなく、肌がくすみ、シミやシワも増えた感じがします。

メイクのノリも悪くなったように感じています。

等々と感じられておられるかいませんか?

 

ヒョットすると何か勘違いはありませんか?

保湿効果とは

肌の中に適切な水分が保持された状態を作り出す手段や行為のことです。

一般的には保湿効果は基礎化粧品によって生み出されます。

ところが、多くの皆様が使用されている化粧水は水分の補給が目的であって、保湿ではありません。

化粧水を使うと一時的(一瞬)に肌は潤いますが、気温と体温でどんどん蒸発します。

肌表面の水分が蒸発する際に内部の水分も一緒に蒸発するので、更に乾燥肌を拍車を掛けます。

したがって、化粧水しか使わないなら何もやらない方なマシということになります。

 

肌の乾燥をケアする化粧品の使い方
乾燥した肌に水分を与える化粧水は、乾燥肌のケアにはなくてはならないものです。

ですが、化粧水だけでは蒸発して、乾燥肌に拍車をかけることは前述の通りです。

そのため、化粧水を使用した後は肌の水分を逃がさないクリームで油分を補うことが重要です。

基本的な方法は化粧水で水分を補い、なじませ蒸発する前にクリームや乳液で油分を補うケアを行いましょう。

 

化粧水の使い方

化粧水は、肌が少しひんやりする程度の量をなじませるとよいでしょう。

また、肌になじむまでには少し時間がかかるものの、化粧水が肌になじんでからクリームや乳液をつけるのが、肌の乾燥を防ぐのに効果的です。

化粧水は温めると肌になじみやすくなるといわれているため、化粧水を手のひらで温めてから顔になじませ、手のひらに化粧水がつかなくなる程度に時間をおいてから油分を補うのが理想的です。

 

化粧水のお勧め

Dolci Bolle

角質層と肌フローラのバランスに着目した保湿化粧水

赤ちゃんのお肌への「やさしさ」と「保湿」に注力したシンプルなベビースキンケア「ドルチボーレ」から誕生した新たなシリーズがesena(エセナ)シリーズです。

乾燥肌や敏感肌はお肌のバリア機能が低下した状態です。

エセナシリーズにはドルチボーレのコンセプトが引き継がれていますので、赤ちゃんからお年寄りまで幅広くお使い頂けます。

ドルチボーレ エセナ リペアローションの特徴は以下となります。
・ベースとなる水には非加熱天然水の「天使の希水」を使用
・美容業界で注目のミネラル「ケイ素(シリカ)」を配合
・角質層をお手本にし、3種類のヒト型セラミドを配合
・11種類のアミノ酸、PCA・PCA-Na、乳酸Naを配合
・肌フローラのバランスに着目し、ヒト由来乳酸菌「エンテロコッカスフェカリス」を配合。
・高い保湿力を持つヒアルロン酸配合。
・繊細なお肌への優しさを考慮し、9つの成分は無添加。

 

 

クリームのお勧め

肌の水分を逃がさないクリームで油分を補う
化粧水で水分を補うだけではなく、クリームなどの油分を肌に補うことも重要です。

クリームは、人差し指の第一関節くらいまでの量を手のひら2つ分の面積にぬるのが適量といわれています。自分の肌に合わせて加減しながら、過不足のないように使うようにしましょう。

カサカサ肌をケアする化粧品の選び方
顔の乾燥をケアするうえで、化粧水やクリームの使い方はもちろん大切ですが、化粧品の選び方も大切です。

乾燥肌の方の場合、化粧水やクリームを選ぶうえでポイントとなるのは、保湿成分です。

以下のような保湿成分を含んだものを選ぶとよいでしょう。
セラミド

ヒアルロン酸

コラーゲン

エラスチン

このような成分は、肌の「真皮層」に存在しているものです。

しかし、化粧品に含まれた成分は真皮層まで浸透するわけではありません。このような成分には、肌の一番外側に位置する「角質層」で水分を抱えこんで保湿する役割が期待できるのです。

高保湿クリーム【ABIモイストリペア】

株式会社青山美肌

青山美肌 肌の乾燥にお悩みの方へ

私たち青山美肌は、「医療の現場から生まれたスキンケア」をもとに、
お客様の美と健康に奉仕することを目指し研究開発するプロの美容集団です。

 

 

◆商品特長◆
年齢とともに増える肌悩みをなくし、美しい肌を手にして欲しいという思いのもと医療現場とタイアップし誕生した高保湿クリームです。

・敏感肌でスキンケアも刺激になってしまう
・繰り返す乾燥による肌トラブル
・加齢による肌力が低下してしまった

などのお悩みがある方にお使いいただいており、
ABIモイストリペアは4つのこだわりで刺激が極力ゼロ、
簡単お手入れで潤いを蓄えてくれえるので、肌トラブルが起こっている方からもご支持をいただいております。

◆こだわり◆
*こだわり1<セラミド3配合>
加齢で減ってしまうセラミド(お肌に水分を閉じ込める重要な成分)をたっぷり配合。
老け見えや、乾燥をケアします。

 

*こだわり2<アラントイン配合>
肌の乾燥、赤みやかゆみダメージの改善が期待される成分です。
配合し敏感肌の方にもお使いいただけます。

 

*こだわり3<和漢系植物エキス配合>
肌への負担は少なくし、年齢肌・トラブル肌の肌力を底上げします。

 

*こだわり4<ピュア植物オイル配合>
植物由来で優しく肌表面の皮脂ベールをサポートし、潤いを逃しません。

 

今年の冬の予想気温は?
はじめに……
冬の気候は「北極振動」と呼ばれる、北極付近と中緯度(日本付近)の地上気圧が、交互に変わる現象が大きく影響するため、長期予想は難しいみたいです。北極付近の地上気圧が平年よりも高く、日本付近の地上気圧が平年よりも低くなる場合は、寒気の南下が増え大雪になる地域が多くなります。

この様な予想がされていますので、何事も同じように事件・事故や災害が起こった後から復興対策を行うより、事前の防災が必なように、美容に関しても肌や髪のケアも事前の予防を急ぐ必要があります。