空気の乾燥に伴う静電気の発生

冬になると、ドアノブを触ったりセーターを着るだけで「バチッ!」とくる静電気です。

痛いし、毎日なるし「もうイヤ!」という方もきっと多いのではないでしょうか?

ならない人は全くといっても良いほどなりませんが、静電気が起きやすい体質の人は毎回のようにこの煩わしい思いをしていますよね。

「何とかならないものか…」という方の為に、今回は静電気を予防・防止する対策をご紹介しましょう!

 

静電気が発生する主な原因

たとえば体と服など、2つの物体が擦れて摩擦が生じると静電気が発生します。

他にも帯電したものに近づいたり触った時にも、静電気が発生することがあります。

また、静電気と言えば寒い時期に多いというイメージがあると思いますが、冬に静電気が起きやすいのは空気が乾燥しているからです。

湿度が高いと穏やかに放電されやすくなるので、夏場には静電気は発生しにくくなります。

静電気は湿度20%・気温25度を下回ると発生しやすくなります。

ではその静電気の予防や除去にはどのようにすれば良いのでしょうか、その対策方法を見ていきたいと思います。

 

静電気を除去・予防する4つの方法

1.金属に触れる前に物に触る
静電気を起こさせないようにするなら、物に触って体の中の電気を外に逃がすのが効果的です。

特にバチっとなりやすい金属に擦れる前に、道路のアスファルトやコンクリートの壁、レンガなどに触ることです。

石に触れるだけで体内の電気を逃がせるので、こまめに壁などに触れるだけでも静電気は発生しにくくなります。

また、指先だけではなく、手のひら全体でしっかりさわったほうが効果的です。

痛くないので安心してください。

 

2.加湿器などを使って乾燥を予防する

また乾燥すると静電気が発生しやすくなるので、部屋の加湿をするのもおすすめです。

他にもクリームなどで肌や髪を保湿したり、アイロンのスチームで服に水分を含ませるのも効果的です。

お肌の保湿はコチラ》》》

髪の毛の保湿はコチラ》》

 

3.衣類は素材の組み合わせに気をつけて

また、衣類の静電気が気になるという人は、素材の組み合わせに注意してみましょう。

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維や、ウールも帯電しやすい素材です。

特に化学繊維同士の重ね着は、摩擦によって静電気が発生しやすいので要注意です。

静電気を発生させないためには、同じ素材の服を重ね着するのがベストですよ。

 

4.静電気除去グッズを持ち歩こう
これらの色々な対策を試しても静電気が起こる、対策をとるのが面倒という人には、静電気除去グッズがおすすめです。

静電気除去効果のある繊維を使った服やブレスレットなど、身に着けられるグッズもたくさんあります。

触れるだけで簡単に静電気予防ができるので、静電気に悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。