秋冬を迎え空気が乾燥!

日本は周囲を海に囲まれた島国なのに、冬になると乾燥するのはなぜなのでしょうか?

太陽の熱を受けた地球の大気は循環しており、冬の時期は中国やシベリア大陸で発生した冷たく乾いたシベリア気団が北西側から日本に流れてきます。

日本海を通過する際に、海からの熱と水蒸気を含み雪雲が発生し、その雪雲は日本海側の山脈にぶつかって日本海側に雪を降らせます。

雪を降らせた冷たい空気は水分を失い乾燥した状態で山脈を超え、日本の太平洋側の地域に吹き込みます。

これが冬の冷たく乾燥した北風なのです。

 

この冷たく乾燥した秋冬を迎え、この季節に関するお悩みとは、空気の乾燥に伴う様々な症状が発生します。

第1にあげられるのお肌の乾燥ですかね、第2は髪のパサパサゴワゴワですよね、第3は喉の乾燥による感染症の原因となるウイルスや細菌に感染しやすすくなるシーズンといえるでしょう。

その他にも冷たく乾燥した空気による様々なトラブルもありますので、一つひとつ解説していきたいと思います。

 

今年の冬の予想気温は?
はじめに……
冬の気候は「北極振動」と呼ばれる、北極付近と中緯度(日本付近)の地上気圧が、交互に変わる現象が大きく影響するため、長期予想は難しいみたいです。北極付近の地上気圧が平年よりも高く、日本付近の地上気圧が平年よりも低くなる場合は、寒気の南下が増え大雪になる地域が多くなります。

この様な予想がされていますので、何事も同じように事件・事故や災害が起こった後から復興対策を行うより、事前の防災が必なように、美容に関しても肌や髪のケアも事前の予防を急ぐ必要があります。

万が一、症状が表れたらできるだけダメージが軽傷の内にケアされることをお勧めします。